« 一杯屋梟さん 気仙沼の夜 | トップページ | 八戸2日目 »

2011年12月 6日 (火)

八戸

本日は気仙沼から八戸へ移動です。


来るときと同じ、ドラゴンレール大船渡線で一ノ関に行きます。


八戸

一ノ関に着いたら、いわてキャンペーン“イーハトーブいわて物語”の案内が目につきました。


キャンペーンマスコットがあるようです。
何か気になり探したら、他のポスターにも出ていました。


八戸

岩手で有名な“わんこそば”をイメージしているようです。

さらに探してみたら、分かりました。


八戸

“わんこきょうだい”です。

“そばっち”を筆頭に、“こくっち”、“とふっち”、“おもっち”、“うにっち”です。


一ノ関からは新幹線で八戸を目指します。


まずは、はやての盛岡行きに乗り、途中の盛岡ではやての新青森行きに乗り換えます。


盛岡で接続に少し時間があるので、駅を探索してみました。


八戸

盛岡で有名なお祭りの飾りがありました。

さんさ踊り、チャグチャグ馬っこ。


八戸

南部鉄瓶も有名ですね。

これは特別に作られた、大鉄瓶だそうです。


そうこうしているうちに、新青森行きのはやてが来ました。


そうしたら何と!

昨日も見た、みどり色の新型車両のはやてです。


八戸

秋田新幹線“こまち”と連結されていて、盛岡駅で“こまち”と“はやて”が別れて、それぞれ進みます。


八戸

電光掲示にはやての文字が確かに見えます。


みどり色の車両ははやぶさにしか使われないのかと思っていました。


車内アナウンスによれば、はやてですがグランクラスもあるようでした。


みどり色のはやて出発です。

盛岡から北の盛岡―新青森間はトンネルだらけで電話やモバイルが繋がりにくいです。


トンネルだらけを走り、八戸駅に到着です。


八戸

八戸駅の改札を出ると、重要無形民俗文化財の“八戸三社大祭”の飾りがありました。


八戸

八戸駅です。


八戸

ホテルにチェックインした後、買い物にスーパーに行ったら、面白い食べ物を見つけました。


“まめしとぎ”です。


お餅?お菓子?
初めて見ました。知らなかったです。


全国にはたくさんのご当地物があるものですね。

« 一杯屋梟さん 気仙沼の夜 | トップページ | 八戸2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470079/43306080

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸:

« 一杯屋梟さん 気仙沼の夜 | トップページ | 八戸2日目 »