« 金沢 | トップページ | 本日のランチ&ディナー »

2012年2月15日 (水)

小松空港

本日は朝一の飛行機で東京の会社に戻ります。


あいにく雨が降っています。


小松空港

空港行きバスで向かいますが、まだ外は真っ暗です。


小松空港

小松空港に着くと、辺りがだいぶ明るくなってきました。


小松空港

小松空港にはこんな銅像がありました。


勧進帳の舞台として知られる安宅の関が小松市にありるそうで、それにまつわる話を表しています。


奥州平泉へ落ちのびる源義経の一行を捕らえるため、兄の源頼朝が各地に設けた関のひとつが安宅の関だそうです。


変装し関を通過しようとする義経や弁慶の一行。
そして義経だと分かりながらも、主人を思う弁慶の忠義に打たれ、関を通した関守の富樫だそうです。


左が弁慶、右が関守の富樫だと思います。

「勇仁知」の文字は、弁慶の知恵、富樫の情け、義経の勇気を表しているそうです。

見たまま勇仁知としましたが、昔の書き方なので正確には「知仁勇」なのでしょう。


近くには安宅住吉神社があり、この話から、安宅住吉神社のお守りは難関突破のお守りとしてよいそうです。


小松空港

東京戻りの飛行機もANA便です。


小松空港

最近は飛行機のドアが閉まるまで、携帯電話を使っても大丈夫になりました。


携帯電話で機内からの写真は以前だと撮れなかったですよね。


« 金沢 | トップページ | 本日のランチ&ディナー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470079/44138678

この記事へのトラックバック一覧です: 小松空港:

« 金沢 | トップページ | 本日のランチ&ディナー »